この数年でスマートフォン所持率が一気に上がり、更に現在日本でのメッセージツールとしての中心アプリは「LINE」が圧倒的に多くなりました。
LINEのポップアップで怪しいメッセージを見つけたのがキッカケで浮気が発覚した!なんてケースも年々増えています。
では、浮気の証拠としてLINEはありなのか?なしなのか?を探偵が解説します!


結論から言うと「あり」です。

離婚で勝つ証拠」でも紹介していますが、LINEのポップアップ画面でも、LINEのやりとりの画面でもどちらでもですが、写メで撮影したものでちゃんとした証拠になります。
スクリーンショットでももちろんOKです。
ですが、ひとつ注意点があります。


メッセージのやりとりは、中身が重要

ただたんに異性からのメッセージだった程度では証拠にはなりません。
言い逃れがどうにでも出来てしまうから。
重要なのは、やりとりの中身、内容です。
  • 不貞行為の分かる内容
  • 気持ちのわかるやりとり
  • 浮気開始時期、現在も続いているかの期間
  • 既婚者だと相手が把握しているか
など、浮気相手のレスポンスと合わせた内容から確実に読み取れる浮気の証拠が必要になってきます。
こちらの「離婚で勝つ証拠」では、その具体的なやりとりの事例を少し紹介しているので是非ご覧ください。

 
気軽に使えるツールだからこそ、“濃い”証拠に成り得る可能性が高いのもこのLINEです。
不十分な証拠のままで闘うよりも、確実な証拠を!!